.

重量税は、日本の車や輸入車など自動車の国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ロールーフ車など車の形状も全て同じで、たとえばスズキやポルシェ、等でも納税の義務がある税です。新車登録をする際、または車検に出す場合に納付する税金なのです。この支払金額は愛車の大きさで決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に別の概念なのでしっかり理解して一緒にしないようにしてください。「自動車重量税という税金は自動車の重さで」「自動車税という税金はクルマのリッター数毎に」その額が異なります。また、買い取りの時の扱われ方変わりますから注意しなければなりません。中古車の買い取りの時には既に納めた車の重量税がどれだけあってもその金額が返還されることはないです。一方、自動車税でしたら既に支払った税金を買取金額に乗っけてくれるということがありますが重量税の時は上乗せしてくれるケースはほとんどありません。重量税は車を売るときに既に納付した税金が残存していると言っても中古車買取専門業者の方でそれが忖度されるケースはまずないものなのです。ですから次の支払い、つまり次の車検まで待ってから買い取ってもらうという手段がベターです。中古車売却の時は還付の対象にならないのが重量税ですが例外的なケースでしたら戻ってくる可能性があります。というのは、次の車検までの期間が残存している廃車として処理する時です。要は廃車申請をした時に、残存期間に応じて金額が戻ってきます。しかし中古車買取時はその自動車が廃車されるのとは違うので還付されません。さらに自動車の名義を変更したケースや、盗まれた時なども返還してもらうことは不可能です。重量税が残っている期間がある自動車を売るイコールつまり車検がまだあるクルマということです。その辺りを業者も忖度しますから重量税の期間が残っていればそれなりに売却額が上乗せされると思います。勿論買取金額は店舗次第で変わりますが車検がまだあることを考慮していただければ、クルマの売却額と比べるとそんなに払い損ということもありません。

Copyright (c) 2000 www.olympiaglovesblog.com All Rights Reserved.